社員の声
STAFF INTERVIEW

目標はもっと上。
Message

開発本部 新規事業開発グループ
システムエンジニア

横枕 尚樹

Naoki Yokomakura

Staff Interview
スタッフインタビュー

まる

早速ですが、今横枕さんが実際に創新ラボでどういった仕事をしているか教えてもらえますか?  

よこ

主にプログラムを書くのがメインです。 一番基本的なのはHTML・CSSというものを書いてます。あとはPHP・ジャバスクリプトという言語で見るシステムを作ることが多いです。  

まる

エンジニアさんが使用しているものは難しい言葉が多いですね。汗 そもそも、転職する際になぜIT業界を選んだのですか?  

よこ

前職は今と全く違って、大手の保険会社でした。 新卒で入って実際に仕事をしてみると「もっと自分が一番得意なものを生かせた方が良いんじゃないかな?」と感じたんです。 プログラムは元々やっていたわけではなく大学の授業で軽く学んだ程度でした。その時に、数学と似た感覚がして得意かなと感じたんです。ある程度自分の得意分野だと楽しくやれるかなと思ってIT業界がいいなと思いました。  

あお

数ある企業の中で、なぜ創新ラボで働こうと思ったのですか?  

よこ

社長と面接で話をしていく中で、社長が見ている方向性と、自分の見ている方向性が非常に似ていると感じて、この会社で働きたいなと思うようになりました。 社長がしっかりと自分と向き合ってくれたおかげだと思います。 おそらく、社長も同じ様に、自分の見ている方向性に共感していただけたんじゃないかなと今となっては思いますね。  

あお

前職の保険会社からIT業界に変わったわけですが、苦労したことや、感じたことはありますか?  

よこ

「やりたいことを仕事のなかでもやっていきたい」という考えのもとで働いているので、苦労したっていう感覚はないですね。 また、少ない人数で会社を回していくって事は、それだけ様々な事がダイレクトに降りかかってくるので、それを乗り越える覚悟は必要だろうとは思っていました。 でも、全力を出せる環境が欲しかったので、苦労をする機会があること自体が恵まれていると思っています。 今は、そんな環境にいることにやりがいを感じています。  

はる

大手から創新ラボに転職し対極の様な環境を見てきたと思いますが、その上で今と比較してどう感じますか?  

よこ

前職はマニュアルがしっかりしていて先輩方が常に付いていたのでそれはそれで良かったと思っています。ただ、自由度は無かった印象があります。 今は、先輩社員がいる環境下ではないため、毎度自分たちで考えないとやっていけないのが現状です。その点は効率が悪いのかもしれませんが、逆にそれは自分で考えるチャンスを常に得られているってことだと思っています。 私自身、縛られたくないので比較して自由度が高いところが魅力ですよね。笑  

はる

ベンチャー企業で働くという事は自由度が高いですが、常に自分自身で意識を高く保つ工夫とか努力は必要ですよね。  

よこ

そうですね。会社の規模が大きいと先輩やそのもっと上の人の監視の目が行き届いているので。  

はる

前職では監視の目に苦しまされたのですか?笑  

よこ

苦しんではいないですよ。笑  

はる

良い面も悪い面も、表裏一体という事ですかね。  

よこ

はい。決して楽しようと思って来る場所ではないですね。何かあったら会社が尻拭いしてくれるんじゃなくて、自分が会社を引っ張っていくんだ位の気持ちを持ってないとこの環境には合わないんじゃないかなぁって思いますね。  

まる

創新ラボの働く環境で好きだと思う部分はどこですか?  

よこ

みんな歳が近いので友達みたいな感じもありますが、仕事の環境の中なのでお互いにいい緊張感を持って頑張れている自覚がありますね。 一人だけじゃ頑張れない時も、同年代の人が周りで頑張っているので、それを糧に気を抜かずに頑張れている環境がいいと思います。 優しい中に、スパイスがある感じですかね。笑  

あお

これからどんな人と一緒に働きたいですか?  

よこ

弊社の仕事を楽しめる人。多分、そうじゃないと入ってからも大変だと思う。あと、ポジティブな人がいいですね。あと、謙虚な人がいいかな。  

インタビューされた人

横枕 尚樹の写真

横枕 尚樹

1988年7月6日生まれ。北海道出身。趣味はスパ(ラクーア)。
新しいことをしよう!

インタビューをした人

越智春菜、青木絵理香、丸田夢士の写真

Entry
採用申し込み

“挑戦”をラボする人材募集

“挑戦”をラボする人材募集

“挑戦”をラボする
人財募集